アイディア

コンテンツマーケティングって昔からあった?

昨年のPR・マーケティング業界を賑わせた言葉に「コンテンツマーケティング」があります。

PR・マーケティング業界に限って言えば、昨年の「流行語大賞」をあげたいくらいメディアを賑わしました。

あなたも「コンテンツマーケティング」という言葉はどこかで聞いたことがあると思います。

コンテンツマーケティングを簡単にいうと次のようになります。

Webサイトを訪れたユーザーに

2015-01-03-01-s

「サイトを見てよかった」「タメになった」と感じてもらえるコンテンツを継続的に提供することで、サイトのリピーターになってもらい最終的には商品・サービスを購入してもらうこと」です。

例えば、あなたの会社が「健康サプリメント販売会社」であれば健康を維持増進させる情報をWebサイトに継続的にアップします。

今の時期アップするコンテンツは

・冷え性を改善する方法
・乾燥肌を改善する方法
・胃腸の不快感を改善する方法
・肝臓の機能をアップする方法
など。

こういった内容のコンテンツをアップし、記事の最後の方に自社の販売したい商品等の情報も入れておくという具合です。

実はこの手法。昔からありました。

勘が良い人は気づいたと思います。

そう、アフィリエイターの人たちが昔から行っている手法です。

実際、通販大手のAmazon、楽天の商品をアフィリエイトしている人達は「なにを今さら」と感じた人も多かったようですね。

私自身もコンテンツマーケティングが流行しだした頃、「これってアフィリエイトの手法と何がどう違うのだろう?」と感じていましたから。

事実、コンテンツマーケティングのサービス提供会社の中にはもともとアフィリエイト事業で大きな成果をあげている会社が多くあるようです。

世の中にあるアイデアは、昔からあったものに何かを少し足したり引いたりずらしたりしたものがほとんど。

世界的なベストセラーである「アイデアのつくり方」(CCCメディアハウス)という書籍の中で、著者のJ.W.ヤングは次のように書いています。

「アイデアとは既存の要素の新しい組み合わせ以外の何ものでもない」

コンテンツマーケティングしかりです。

「アイデアのつくり方」を読んでみてください。

斬新なアイディアは会社の業績を飛躍的にアップさせることができますからね。

関連記事

  1. アイディア

    アイディア力を高めるコツ

    広報・PR関係の仕事は、他の仕事以上にアイデア力が必要な仕事ではないか…

  2. 宅配便

    アイディア

    Amazonがお坊さんの手配を行う「お坊さん便」を開始して話題になっています。

    昨年の暮れ、Amazonがお坊さんの手配を行う「お坊さん便」を開始して…

最近の記事

  1. オンラインコンテンツ
  2. マイクロインフルエンサー600
  3. 目標設定の方法
  4. 鳴門の渦潮2
  1. 鳴門の渦潮2

    プロモーション・キャンペーン

    最近気になったPR事例
  2. 検索エンジン対策

    SEO

    検索エンジン最適化基本6項目
  3. マーケティング

    セールスレターの型
  4. 医療健康

    広報・PR

    最近話題のニュース2選
  5. マーケティング

    YouTubeの再生回数を増やす方法その3
PAGE TOP