マーケティング

シニア向け商品・サービスは難しい?

シニア向け市場は巨大なマーケットです。

若者と違い消費できるお金も潤沢なことから各企業は、シニア向けの商品・サービスの拡充に力を入れています。

しかし、その思惑とは裏腹に苦戦が続いているようです。

例えば携帯・家電。

senior

モバイル専門のマーケティングリサーチ機関であるMMD研究所が40代~60代の商品・サービスに関する購買動向調査」の結果を発表しました。

その発表によるとシニア層の4割がシニア層向けに販売されている携帯家電・デジタル商品に関し「魅力を感じない」と答えています。

販売する前には十分に市場を調査研究し商品を投入したはずなのになぜこのような結果になるのでしょうか?

この調査は、携帯や家電でしたが、その他の商品サービスに関しても同じような状況はあります。

その原因としては各個人の価値観の多様化とシニア層のセルフイメージの変化だと思います。

★価値観の多様化

20年くらい前まではシニア層が持つ価値観は割と画一的であったと感じます。

しかし、現在ではバラエティに富んだ生き方をする人が増えてきてそういった人の情報を素早く簡単に入手できる環境があります。

それらが要因となり、シニア層の価値観を多様化させているのではないでしょうか。

★セルフイメージの変化

美魔女という言葉があります。
40代、50代になっても30代の女性と変わらない、いえ、それ以上に美貌とスタイルを持つ人たちの事です。

40代をすぎた人にそれ相応のファッションやライフスタイルを提案しても本人たちの意識は20代、30代かもしれません。

セルフイメージが若い人に実年齢相応の商品・サービスを提案しても心には響かないのです。
商品・サービスの開発者、マーケティング、PR担当者は常に自分の価値観の固定化を疑う必要ある時代が到来しているのです。

関連記事

  1. マーケティング

    Webプロモーション実行時のA/Bテストやってますか?

    今日は、WebPRを行う際に見落としがちなA/Bテストについてご説明し…

  2. バレンタイン

    マーケティング

    バレンタイン商戦に向けたSNS活用から考える若者向け販促

    約1ヶ月後に迫ったバレンタインデイ。おじさんとなった私にはほぼ…

  3. マーケティング

    自社の商品をお客様の記憶に留める方法

    自社の商品がメディアに掲載されても、その商品がお客様の記憶に残らなけれ…

  4. マーケティング

    ユニーク・セリング・プロポジションを意識する

    突然ですが、焼き鳥を食べに行ったとき、たまたま焼き鳥屋さんが2件並んで…

  5. 色

    マーケティング

    売れる色とは?

    突然ですが、商品が「売れる」「売れない」を分ける大きなポイントは何だと…

  6. マーケティング

    YouTubeの再生回数を増やす方法その1

    「ネット上のトラフィックの90%が動画になるだろう」こ…

最近の記事

  1. 鳴門の渦潮2
  2. 株式会社UZUZ
  1. ヨーグルスタンド

    広報・PR

    Twitterとインスタントウィンの仕組みを使ったキャンペーン
  2. プレゼン

    プレゼンテーション資料を効率的に作成する方法
  3. 検索エンジン対策

    SEO

    検索エンジン最適化基本6項目
  4. すしざんまい

    広報・PR

    ユニークなコラボレーションPR事例2選
  5. マーケティング

    自社の商品をお客様の記憶に留める方法
PAGE TOP