ニュースリリースで効果的なタイトルを書く方法

news release

「ニュースリリースをいくら書いてもメディアに取り上げてもらえない」

このような悩みをお持ちの担当者の方も多いと思います。

メディアに取り上げてもらえない理由はいくつかありますが、その一つに

「記者の目にとまらない」「興味を持ってもらえない」

という理由があります。

メディアには、日々山のようなリリースが届きます。

とても一つずつちゃんと読んでいる時間はありません。

パッと目を移した瞬間、「残すもの」「残さないもの」に選別されていきます。

この選別の瞬間に一目で「うん!?」と思ってもらうことが重要なわけです。

一目で「うん!?」と思ってもらうために重要なことは「タイトル」に留意することです。

この部分に力がないとゴミ箱行きになりかねません。

テクニック

そこで本日は、魅力的なタイトルを書くためのテクニックを5つご紹介します。

1 「数字を入れる」
・プロの味がたった3分で!
・受けた人の94.5%が「満足」と答えたセミナー
2 「問いかけを入れる」
・なぜ今、猫ブームなのか?
・腰痛を1分で治す骨盤運動って?
3 「クオリティー感」を入れる
・10年連続モンドセレクション金賞に輝いた横浜の銘菓
・人間国宝が一つひとつ丹念に手作りした皮財布

4 「新規性」を入れる
・ニューヨーク発の人気ベーグルカフェ、日本初上陸
・街の最新情報をお届けするタウンニュース

5 「利便性」を入れる
・漬けるだけですぐできる本格浅漬けのもと
・ワンタッチでツルンとむけるエッグシェルカッター
いかがでしたか?

こういったコツを知っておくと、リリースの書き出しがスムーズになりますね。

メディアの担当者も人間です。

人間は感情が揺れないと動きません。

このことを意識してリリースを書けば反応率は上がるはずですよ。

※参考書籍
「一瞬で心をつかむ77の文章テクニック/高橋フミアキ著」
高橋書店

コメントは受け付けていません。