ツール

広報・PRの仕事をする際に知っておくと便利なサイトをご紹介

本日は、広報 PR の仕事をする際に知っておくと便利なサイトを4つご紹介します。

既にご存知のサイトもあるかもしれませんが、参考になれば幸いです。

それでは早速いってみましょう!

Google Trends
https://trends.google.co.jp/trends/?geo=JP

このサイトでは、世界中の検索ワードのトレンドをチェックすることができます。

「ググル」とか「Google先生に聞く」という言葉が一般的になっているほど、何か調べ物をする時には多くの人がGoogleを使うでしょう。

Googleは、年間検索回数を全て公開していないため、正確な検索回数は分からないのですが、1年間で数兆回とも言われています。

その際に使用される検索キーワードの検索回数を調べることができることから、このGoogle Trendsは、リアルタイムに世界の興味関心を調べることができる、唯一のデータベースと言えるかもしれません。

また、過去に遡って、その時のトレンドのキーワードを探すこともできます。利用方法はとても簡単で、Google Tredsにアクセスすれば、その操作方法は直感的に分かると思います。

自分が気になっているキーワードが今現在「どのくらい世間から興味関心を集めているのか?」

また、「今、日本や世界の人々が何に興味関心があるのか?」こういったことを知りたいときには重宝するサイトです。

広報・PR業務を行う人はぜひブックマークしておきたいサイトといえます。

総務省統計局「統計局ホームページ」
http://www.stat.go.jp/

総務省統計局が公開している「統計」に関する総合情報サイトです。

このサイトでは、ありとあらゆる分野の統計情報を知ることができます。

プレゼン資料を作る際には、こういったしっかりとした組織が作成した信頼性のある統計データがあると、資料自体の信頼性がアップし充実度も増しますね。

このサイトをご覧になっていただければお分かりになると思いますが、内容の充実度は素晴らしいものがあり、これが無料で使えるというのは凄くありがたいですね。

また、自分の生活や興味に関連する統計データを覗いてみるだけでも、知的好奇心が刺激されて楽しいですよ。

連想類語辞典
https://renso-ruigo.com/

このサイトは私もよく使います。

どういった時に便利かを、このサイトのトップページに書いてあることを引用してご紹介しますね。

・もっと的確な言い回しを見つけたいとき
・言い換えが可能な違う言葉を見つけたいとき
・単調な文章になってしまったなーと感じたとき
・ある言葉から連想される言葉を知りたいとき

いかがでしょうか?

「わかる~ 」ってなりませんか?

このサイトは使ってみれば分かりますが、「世の中には、自分が考えている表現方法とは違った表現方法が実にたくさんあるんだな~」と実感できるかと思います。

仕事で文章を書くことが多い方は是非ブックマークをしておくと便利でしょう。

使う回数が増えれば増えるほど、ボキャブラリーも増えていきますから。将来の自分の為にもなりますね。

Ubersuggest
https://neilpatel.com/jp/ubersuggest/

企業にとってSEO対策は、マーケティング戦略の中でも重要なポジションを占めます。

大企業のように SEO 対策に潤沢な資金を投入できればいいのですが、そうでない場合 SEO対策を内製化することも必要になってくることが多いでしょう。

この時に非常に役立つサイトがこのUbersuggest(ウーバーサジェスト)です。

このサイトでは、調査したいキーワードに関連するサジェストワードを抽出することができます。

サジェスト(Suggest)とは「提案する」という意味で、検索エンジンにキーワードを入力すると自動的に表示される検索候補をサジェストキーワードといいます。

サジェストワードは、検索ボックスに入力されたキーワードに応じて、検索エンジンが「入力されたキーワードを含んでいて、よく検索されている他のキーワードにはこんなものがあります」と表示しているものです。この機能があることで、ユーザーは「あ!そうそう。このキーワードで検索したいと思ってたんだ」とか「このキーワードで検索する方法もあったか」と検索エンジンの利便性を高めることができます。

ちなみに「鬼滅の刃」と入力すると次のようなサジェストワードが表示されます。

「あ~これね~」と思った方も多いでしょう。

それだけではなく、サジェストワードの検索ボリューム、検索結果の上位表示を獲得する難易度もチェックすることができます。

更に凄いのが自社の競合となるWebサイトの分析も可能です。これだけの機能がありながら利用料は無料です。

サイトやブログのSEO対策をする上で、重要なサジェストワード調査を無料で、しかも簡単に行うことができます。

また、実際に多くの人が興味関心を持って入力しているキーワードですから、プレスリリースのタイトルを考える際にも、このサジェストワードはとても参考になりますね。

個人的にはUbersuggestの機能の中で一番便利だなと感じるのが競合となるサイトの分析を行えるとこですね。

いかがでしたか?

本日ご紹介したサイト以外にも広報・PRの仕事に活かせるサイトはたくさんあります。

普段時間のあるときにこのようなサイトをブックマークしておき、カテゴリーごとに分類して整理しておくと仕事のスピードアップに繋がりますよ。

本日の記事が皆様の少しでも参考になれば嬉しいです。

関連記事

  1. ツール

    最近話題のnoteについて

    最近話題のnoteをご存知でしょうか?日本経済新聞社も出資する…

  2. デザインテンプレート

    ツール

    効率的に仕事をするためのテンプレート・デザイン集のご紹介

    何かのデザイン案を作るにも、文案を考えるにしても、参考になるものが全く…

  3. カメラ

    ツール

    人気の写真・動画編集アプリベスト3のご紹介

    広報・PR関係のお仕事をされている方は、写真や動画を撮る機会も多いと思…

  4. ツール

    資金調達しながら新商品が売れるかどうかを判断しPRする方法とは?

    本日のPRステーションの記事は「お金をもらいながら新商品が売れるかどう…

最近の記事

  1. 夏

    広報・PR

    お祭りを利用した広報・PR
  2. ウェビナー

    トレンド

    コロナ禍で注目されるウェビナー
  3. プロモーション・キャンペーン

    串カツ田中とAbemaTVの注目コラボキャンペーン
  4. 銀座

    SEO

    Googleマイビジネスで、上位3つの枠内に表示される確率が高くなる方法
  5. 広報・PR

    PRの必須アイテムSNSをもう一度軽く復習してみましょう
PAGE TOP