デザインテンプレート

ツール

効率的に仕事をするためのテンプレート・デザイン集のご紹介

何かのデザイン案を作るにも、文案を考えるにしても、参考になるものが全くない「ゼロの状態」から考えるというのはとてもつらいものです。

「アイデアとは既存の新しい組み合わせ以外の何ものでもない」

この言葉は、以前、このメルマガで「アイディア」の出し方について書いたときにご紹介した、不朽の名作、ジェームス・W・ヤング「アイデアのつくり方」に書かれている言葉です。

何をするにも「参考になるもの」があると仕事は進みやすくなりますよね。

そこで本日は、広報・PR業務に携わる方の普段のお仕事を効率化してくれる「各種テンプレート」「各種デザイン集」をご紹介します。

★各種文章

仕事していると実に様々な文章を書く機会に遭遇します。

ちょっとしたお礼の文章から、契約内容の認識の齟齬に端を発する抗議文章まで、その種類は無限にあると言っても過言ではないでしょう。

個人的な文章であればそれほど気を遣うこともないのですが、ビジネス上の文章であればそれなりの文体にする必要があります。

そこで参考になるのが次ぎの2つのサイトです。

●ビジネス文書の森

http://www.jusnet.co.jp/business/index.shtml

ゴルフ大会への招待状の文例まであります。

実に豊富に文例があります。

普段のビジネスシーンで文章を書く上でとても役にたちます。

●お手紙文例集(レターなび)

https://www.post.japanpost.jp/navi/main.html

日本郵政が運営するサイトです。

ビジネスに関する文例だけではなく、プライベートでも役に立つ文例が掲載されています。

★パワーポイント

Excel、Wordに並んでよく使用するソフトウェアだと思います。

パワーポイントで作る資料には、その会社のセンスが現れるので、デザインには気を使うと思います。

以前、パワーポイントで資料を作成する際に役に立つ図形や画像の入手先のサイトをご紹介しましたが、今回は、パワーポイント自体のテンプレートのご紹介となります。

●パワーポイントテンプレート

http://www.pptemplate.net/tag/business

「凝ったデザイン」「インパクトのあるデザイン」の資料を作成したいときに役に立つテンプレートサイトです。

●ひらめきEX

企画立案・企画書作成・プロジェクト運営に役立つ無料テンプレート(パワーポイントデータ)

いわゆるプレゼン用のテンプレートというより、「企画・立案」「企画書作成」などのときに役立つテンプレートを提供しています。

非常に役に立つサイトだと思います。

利用には無料の会員登録が必要です。

★ランディングページ

●ランディングページ集めました。

http://lp-web.com/

●ランディングページWebデザインクリップ

http://lp.webdesignclip.com/

広報・PRと連動して活用される「ランディングページ(以下LPと表記)」はとても重要な存在です。

広報・PRをどんなに頑張っても、LPの質が悪ければ、インターネット経由でくるお客様を逃してしまいます。

ご紹介した2つのサイトは多くの業種のLPを豊富に収集し公開しています。

有名な企業も多く含まれますので参考になると思います。

★スマートフォンのLP

スマートフォン

●スマートフォンサイト集めました

http://sp-web.jp/

今はPCサイトよりもスマートフォンサイトの出来が企業の売り上げを左右すると言っても過言ではなくなってきました。

女性向けのECサイトなどでは、アクセス数の9割がスマートフォンからというデータもあるそうです。

スマートフォンはPCに比べると、表示画面が狭いので、LP作成にはPCサイト以上に気を遣う必要があると感じます。

★フライヤー・チラシ

●Pinterest(ピンタレスト)

https://jp.pinterest.com/

大手広告代理店の「電通」がピンタレスト・ジャパンと提携し運営しています。

SNSとして認識されているようですが、どちらかというとSNSというよりも、画像のブックマークをシェアするポータルサイトというイメージでしょうか。

具体的には、Pinterestのアカウントを持っている人が気になる画像を見つけると、それをPinterestのボードと呼ばれるところにピン留めします。この画像は他の人も見ることができます。

Pinterestを利用するには無料のアカウント登録が必要です。

登録の方法は次のとおりです。

  1. Pinterestへアクセス
  2. アカウントの登録方法を選択し登録
  3. 5つの興味関心を選択する
  4. 登録完了

Pinterestにログイン後は、検索ボックスに「フライヤー」と入力し検索してみてください。Pinterestにアカウントを持っている人がピン留したフライヤーの写真が表示されます。

しかも「おしゃれ」なのが多いですね

お気づきのとおり、フライヤー・チラシの企画・作成の参考となるサイトとしてPinterestをご紹介しましたが、Pinterestではいろいろなキーワードを入力して画像を検索することができます。

いかがでしたでしょうか?

ここで紹介したサイトなどが、あなたのお仕事に少しでも役に立てば嬉しいです。

価値観の移り変わりが早い今、まさしく「時は金なり」です。

仕事を早く効率的にこなせる「ツール」「テンプレート」などをすぐに使えるようエクセルなどにまとめておけば、いざというと助かりますね。

関連記事

  1. カメラ

    ツール

    人気の写真・動画編集アプリベスト3のご紹介

    広報・PR関係のお仕事をされている方は、写真や動画を撮る機会も多いと思…

最近の記事

  1. 鳴門の渦潮2
  2. 株式会社UZUZ
  1. 設計

    コンテンツ

    動画コンテンツをつくるうえで必要なHHH戦略とは?
  2. トレンド

    最近のユニークなニュース5選
  3. 株式会社UZUZ

    news

    最近気になったニュース
  4. pdca

    業務改善

    PDCAサイクルを意識して仕事をしていますか?
  5. 広報・PR

    業界イメージを逆手に取った広報・PR事例
PAGE TOP