3日坊主を克服する7つの方法

約束

新年になって14日が経過しました。

どうでしょう。新年にたてた誓いは実行できていますか?

  • 「よし、今年こそは毎日30分歩くぞ」
  • 「体重を5Kg落とすためにスポーツクラブに通うぞ」
  • 「休肝日を週に2日は設ける」
  • 「英会話の勉強を1日に1時間はしよう」
  • 「禁煙するぞ!」

などなど、いろいろな誓いがあると思います。

でも、ほとんどの人が3日坊主で終わってしまいます。

で、年末になると

「今年もできなかった、よし、来年こそは絶対やるぞ!!」

と、この繰り返しになってはいないでしょうか?

このパターンが続くと、自分自身が嫌になってしまいますね。

そこで本日は、3日坊主を克服する7つの方法をご紹介します。

では早速いきますよ。

★方法その1

・周囲の人に公表する

家族や友人・知人に今年の誓いを公表しましょう。

できれば、FacebookなどのSNSでも公表するのがいいです。

このことで自分にプレッシャーがかかります。

くじけそうになっても

「みんなに言っちゃったからなぁ~」という気持ちが湧いてきて簡単には止めれなくなります。

★方法その2

・誓いを紙に書き、目に付くところに貼っておく

禁煙したいのであれば「禁煙するぞ」と書いた紙を寝室、寝室の天井トイレなど、必ず目に付くことろに貼っておきましょう。

日々、この紙を目にすることでそれが無意識に染み込みます。

またこの紙をスマホで撮影し、スマホの待ち受け画面に設定するのもいいですね。

★方法その3

・誓いの先にあるものをイメージする

例えばダイエットであれば、スリムになって異性から「痩せたね~綺麗になったね」と言われ、嬉しそうに微笑んでいる自分をイメージします。

そしてこのイメージを一日に一回は思い出すようにします。

苦しいことを実行することで得られる、素晴らしい未来をイメージすることで、モチベーションが維持されます。

★方法その4

・写真を貼る

誓いが成就した際の写真を目に付くところに貼りましょう。

誓いが「ダイエット」「筋肉トレーニング」などであれば、理想の体型をした人の写真をインターネットで探し、それを印刷して貼っておきます。

また、「海外旅行のための貯金」などであれば、行きたい国の写真を貼ります。

視覚情報は無意識に入ってきやすいので効果は高いですよ。

日々のチェック表

★方法その5

・チェックリストを作成する

必ずチェックリストを作成します。

できた日には「〇」印を入れ、できなかった日には「×」を入れます。

このチェックリストは、洗面所に貼っておき、就寝前の歯磨きの時に必ずチェックするようにします。

〇印が続くと気持ちがいいので、×印を付けたくなくなるんですよね。

ある程度年齢がいっている人は分かると思いますが、小学校の夏休みのラジオ体操の出席表のようなものですね(若い人は分からないですよね)。

★方法その6

・SNSで仲間を作る

FacebookやTwitterなどで同じ誓いを持っている仲間を集めて励ましあうのも効果的です。

Facebookを使えば簡単にグループが作成できますので、そこで皆が励ましあえば効果的ですよ。

★方法その7

・自分へのご褒美を用意する

目の前にニンジンをぶら下げるではありませんが、人はやはり頑張ったことへの見返りがある方が頑張れますよね。

目標を達成できた時のご褒美をあらかじめ準備しておきましょう。

また、ご褒美は小さなものと大きなものを用意します。

例えば10Kg減量が目標であるなら「1Kg減量できたら●●を食べる」

「3Kg減量できたら●●を食べに行く」という小さな目標と「10Kg減量できたら●●のバックを買う」という大きなご褒美を用意します。

大きなご褒美だけでは、それを得られるまで時間がかかり、モチベーションが続かなくなることが多いですから。

以上、3日坊主を克服する7つの方法をご紹介しました。

いかがでしたか?

毎年たてる誓いを一年一年クリアしていけば、かなり成長できますよね。

時間は二度と戻ってきません。「時は金なり」です。

今年から3日坊主にサヨナラしましょう。

ここでご紹介した方法が少しでもお役に立てば嬉しいです。

コメントは受け付けていません。