2023ランキング

トレンド

「2023年ってこんな年だったんだ~」がわかるランキング5つをご紹介

2023年のブログの記事更新は今日が最後となります。

本年も「PRステーション」をお読みいただきありがとうございました!

さて、今年最後の記事は、今年流行った言葉やトレンド、ヒットした商品などを、各大賞・ランキングを引用してご紹介します。

この記事を読んでいただければ、今年という年のアウトラインがおぼろげながら掴めると思います。

ご紹介するのは次の大賞・ランキングになります。

・2023ユーキャン新語・流行語大賞
・2023SNS流行語大賞
・Yahoo!検索大賞2023
・日経トレンディ「2023年ヒット商品」
・今年の漢字

ではまず、「ユーキャン新語・流行語大賞」から見ていきましょう。

★2023ユーキャン新語・流行語大賞

●年間大賞
・アレ(A.R.E.)
●トップ10
・新しい学校のリーダーズ(首振りダンス)
・アレ(A.R.E.)
・OSO18(アーバンベア)
・蛙化現象
・生成AI
・地球沸騰化
・ペッパーミル(パフォーマンス)
・観る将
・闇バイト
・4年ぶり(声出し応援)

いかがですか?

すべてお分かりになりますか?

私個人的には、年間大賞に輝いたアレ(A.R.E.)よりも「地球沸騰化」の方がインパクト強いですね。

このままのペースで温暖化が進むと、あと50年で地球に住むことができなくなるという学者の意見もあります。決して他人ごとではありません。

また、一番身近に感じたのは、ChatGPTを代表とする生成AIという言葉。ChatGPT は、本年11月に大きなバージョンアップを行い、更に凄い機能を身に付けています。どこまで進化するのか?映画ターミネーターの世界がすぐそこまで来ているかもしれません。

★SNS流行語大賞

※SNS流行語大賞は複数の企業・団体が発表しています。ここでは、イー・ガーディアン株式会社が発表したものをご紹介します。

1位 かわちい
2位 スイカゲーム
3位 〇〇した瞬間、終わったわ
4位 てぇてぇ
5位 アレ
6位 サカバンバスピスなぁぜなぁぜ
7位 ナートゥ
8位 薩摩フグワーツ
9位 ナートゥ
10位 落ち着いて聞いてください

いかがですか?

年齢が30代以上の方であれば「難易度が高いなぁ~」と感じる方も多いかもしれませんね。

ちなみに一位の「かわちい」の意味は「可愛い」という意味です。発信源は「TIKTOK」であると言われています。同アプリの中で、インフルエンサー達が「かわいい」を「かわちい」と表現して発信していたことで、若者の間でこの表現が流行したという説が多いようです。

★Yahoo!検索大賞2023

次は、「Yahoo!検索大賞」です。

この大賞は本年、昨年と比べ検索数が急上昇した人物や作品、商品などをランキング形式で発表しています。

検索数がベースであるため、主催者側の恣意が働きにくく、利用者のニーズが如実にランキングに反映されていると言えるかもしれません。

Yahoo!検索大賞は4つのカテゴリーに分かれていて、さらにその中に「部門」があるという構成になっています。

ご紹介に当たり、「部門」の中のランキングは1位のみのご紹介とさせていただきます。

●人物カテゴリー
・アスリート部門:大谷翔平
・俳優部門:山田裕貴
・ミュージシャン部門:新しい学校のリーダーズ
・お笑い芸人部門:とにかく明るい安村
・声優部門:宮野真守

●作品カテゴリー
・アニメ部門:推しの子
・映画部門:君たちはどう生きるか
・ゲーム部門:ゼルダの伝説 ティアーズ オブ ザ キングダム
・ドラマ部門:VIVANT
・楽曲部門:アイドル

●スペシャル部門
※本年、人物カテゴリー以外のジャンルで活躍した人物。
・岡田彰布
・栗山英樹
・藤井聡太

●ネクストブレイクカテゴリー
※今後の活躍が期待できる人物、ヒットが予想される商品。
人物部門:#KTちゃん、シクフォニ、林祐衣
商品部門:赤ちゃんスクイーズ、ぬいポーチ、ビヨット

おそらく、大谷翔平選手はすべてのカテゴリーの中でも1位なのではないでしょうか?

ドジャースと10年契約を結び、プロアスリートでは歴代最高の1015億円というとんでもない額の契約を結びました。

東京ドームが350億円で建設できるそうですから、この金額の凄さが分かりますね。

★日経トレンディ「2023年ヒット商品ベスト30」

私は、家電やガジェット好きなので、日経トレンディはよく読みます。この雑誌のおかげでいくらお金を使ったことかww

さて、ベスト30の全ての商品をご紹介したいところですが、ここでは、ベスト10の商品をご紹介します。

第1位 ChatGPT(生成AI)
第2位 chocoZAP(スポーツクラブ)
第3位 THE FIRST SLAM DUNK(ゲーム)
第4位 ゼルダの伝説 ティアーズ オブ ザ キングダム
第5位 ビオレUV 瞬感ミストUV
第6位 北海道ボールパークFビレッジ
第7位 こだわり酒場のタコハイ
第8位 レノア クエン酸in超消臭(すすぎ消臭剤)
第9位 パキット(パスタソース)
第10位 WBC 2023

やはり第1位はChatGPTでしたね。

ChatGPTが世界に与えた影響は凄いものがあったと思います。インターネットがこの世に登場したときと同じぐらいのインパクトがあったのではないでしょうか?

ChatGPTを搭載した検索エンジンや、各種サービスも多く登場し、先進的な企業ではビジネス環境が大きな変革を遂げました。労働価値換算では25兆円いう試算も出ています。

第2位のchocoZAPもすごい勢いで店舗が増えていますね。私が住んでいる地区だけでも、最近2店舗オープンしましたよ。

★今年の漢字

最後は今年の漢字です。

お寺でお坊さんが大きな筆で書き上げるあれです。「今年の漢字」は、公益財団法人日本漢字能力検定協会が主催しています。

すっかり年末の風物詩として定着していますね。このニュースを観ると「あー年末が来たなー」と強く感じます。

今年の漢字は公募制です。2023年は応募総数14万7878票とのこと。凄い数ですね。

その中で、5976票を集め一位になったのは、税金の「税」でした。

ベスト5をご紹介しますね。

第1位 税
第2位 暑
第3位 戦
第4位 虎
第5位 勝

「税」が一位になったのは個人的にもすごく共感できます。

今年、事業を営んでいる人は「インボイス(適格請求書のこと。売手が、買手に対し正確な適用税率や消費税額等を伝えるための手段)」制度の導入にあたり、その対応であたふたさせられました。また一般の方でも「防衛力増強のための増税」が近いうちに実行されるとの懸念も大きかったでしょう。

ありとあらゆる物価が上がっているのに収入は増えない。生活は楽ではないですね。ここに増税が加わればトリプルパンチです。

来年はホッとできるような、笑顔がたくさん出るような年になることを願っています!

今年最後の記事は以上となります。

お読みいただきありがとうございました。

また、本年もお世話になりました。

2024年もどうぞよろしくお願い致します。

女将カードSNSで人気沸騰!女将カードとは?他1記事前のページ

2024年を飛躍の年にするために覚えておきたい8つのポイント次のページ2024年を飛躍の年に

関連記事

  1. オンラインコンテンツ

    トレンド

    5Gサービスがネット上のコンテンツに与える影響

    『ネット上のトラフィックの全90%以上がすぐにオンラインビデオになるだ…

  2. Visual communication

    トレンド

    若年層のビジュアルコミュニケーション

    今、若年層の間では、文字によるコミュニケーションよりも写真・動画による…

  3. トレンド

    2019年はAmazon広告に注目

    大手企業の広告費の投下先が、テレビ・ラジオ・新聞・雑誌から、インターネ…

  4. ウーバーイーツ

    トレンド

    UberEats成功の要因を探る

    UberEatsを利用する人が増えています。私自身もそうですが…

  5. トレンド

    2016年インバウンド市場の拡大状況は?

    2020年の東京オリンピックが決まって以来、急激にトレンドワードに躍り…

  6. インバウンド

    トレンド

    外国人観光客アンケートから5つのランキングをご紹介

    本日の記事は「外国人観光客アンケートから5つのランキングをご紹介」です…

最近の記事

  1. Gmail
  2. コンプライアンス推進委員会
  3. 2024年を飛躍の年に
  4. 2023ランキング
  1. 画像生成AI

    ツール

    ビックリするくらい簡単に使える画像生成AIをご紹介
  2. 東池袋52

    広報・PR

    ユニークなPR動画事例2選
  3. サービス

    サービス

    知っておくと便利なWebサービス5選
  4. 検索エンジン対策

    SEO

    検索エンジン最適化基本6項目
  5. リラックス

    仕事術

    楽観的な思考になれるABCDEモデルとは
PAGE TOP