ヨーグルスタンド

広報・PR

Twitterとインスタントウィンの仕組みを使ったキャンペーン

日本コカ・コーラは、本年の4月から5月まで、同社の新しいブランドである「ヨーグルスタンド」の認知度アップのために、Twitterとインスタントウィン(※)の仕組みを使ったキャンペーンを行いました。

キャンペーンの内容は次のとおり。

1.ヨーグルスタンドのTwitterアカウント(@YOGURSTAND)をフォローしてもらう

2.このアカウントが投稿する、ハッシュタグ【#毎日挑戦】が付いたツイートをリツイートしてもらう

3.リツイート後、30秒〜2分ほどで、「当選」または「はずれ」の結果を示した動画が自動返信される

4.当選であれば、ヨーグルスタンドの2本セット(ピーチ・パイナップル)がプレゼントされる

従来、この手のタイプのキャンペーンであれば、応募後、数日から数週間後に当選者のみに個別に連絡が行くというパターンがほとんどでした。

しかし、このキャンペーンは、Twitterからキャンペーンに応募してからわずか数分後には、当選したかどうかが分かるインスタントウィンの仕組みを導入したことが目新しく、結果的にツイート件数は27万、キャンペーンへの延べ参加回数は50万回、ユニーク参加人数は10万人と大成功を収めました。

また、このキャンペーンが大きく成功した要因には「Twitter」を利用したことがあります。

このキャンペーンには、何回でも応募ができたので、リツイートを何回も行うことになり、結果、その利用者のフォロワーにも、ヨーグルスタンドのメッセージが何度も届くということになり、認知度向上に大きく貢献するという結果になりました。

Twitterの拡散性と、インスタントウィンの仕組みをうまく掛け合わせた成功事例でした。

※インスタントウィンとは、懸賞などの結果がすぐにわかる仕組みのこと

関連記事

  1. 広報・PR

    ひょうたんから駒のプロモーションとハッシュタグを使ったCSR活動

    こんにちは、アネティブログ編集部の加川です。今日は、「ひょうた…

  2. 地方自治体

    広報・PR

    思わず笑ってしまう地方自治体のPR動画

    以前、このブログで、大分県が作成した「温泉」のPR動画をご紹介しました…

  3. 広報・PR

    三菱電機の看板ブランド「霧ヶ峰」の新たなブランド戦略

    「霧ヶ峰」と聞くと何を思い出しますか?40歳代以上の方は「エア…

  4. 広報・PR

    伯方の塩「二代目声優」オーディションが話題に

    あなたの家庭では普段どこの塩を使っていますか?個人的には、おに…

  5. 全国統一防災模試

    広報・PR

    全国統一防災模試

    勉強が嫌いだった私は、「全国統一模試」と聞くと学生時代の苦いというか嫌…

  6. 広報・PR

    枕投げでPR

    「まくら投げ」って知ってますか?今の若い世代の人もまくら投げっ…

最近の記事

  1. デジタルトランスフォーメーション
  2. アフターコロナ
  3. テレワーク
  1. 世界で一つだけの花

    sns

    SMAPの解散危機をきっかけに注目を浴びたハッシュタグ
  2. 広報・PR

    特に目立った観光資源がないと思われていた田舎町が外国人観光客を一気に増やした事例…
  3. sns

    2017年上半期、SNSユニーク・感動投稿ベスト10
  4. スメルハラスメント

    プロモーション・キャンペーン

    消臭ケア商品のプロモーション事例
  5. トレンド

    2019年はAmazon広告に注目
PAGE TOP