ヨーグルスタンド

広報・PR

Twitterとインスタントウィンの仕組みを使ったキャンペーン

日本コカ・コーラは、本年の4月から5月まで、同社の新しいブランドである「ヨーグルスタンド」の認知度アップのために、Twitterとインスタントウィン(※)の仕組みを使ったキャンペーンを行いました。

キャンペーンの内容は次のとおり。

1.ヨーグルスタンドのTwitterアカウント(@YOGURSTAND)をフォローしてもらう

2.このアカウントが投稿する、ハッシュタグ【#毎日挑戦】が付いたツイートをリツイートしてもらう

3.リツイート後、30秒〜2分ほどで、「当選」または「はずれ」の結果を示した動画が自動返信される

4.当選であれば、ヨーグルスタンドの2本セット(ピーチ・パイナップル)がプレゼントされる

従来、この手のタイプのキャンペーンであれば、応募後、数日から数週間後に当選者のみに個別に連絡が行くというパターンがほとんどでした。

しかし、このキャンペーンは、Twitterからキャンペーンに応募してからわずか数分後には、当選したかどうかが分かるインスタントウィンの仕組みを導入したことが目新しく、結果的にツイート件数は27万、キャンペーンへの延べ参加回数は50万回、ユニーク参加人数は10万人と大成功を収めました。

また、このキャンペーンが大きく成功した要因には「Twitter」を利用したことがあります。

このキャンペーンには、何回でも応募ができたので、リツイートを何回も行うことになり、結果、その利用者のフォロワーにも、ヨーグルスタンドのメッセージが何度も届くということになり、認知度向上に大きく貢献するという結果になりました。

Twitterの拡散性と、インスタントウィンの仕組みをうまく掛け合わせた成功事例でした。

※インスタントウィンとは、懸賞などの結果がすぐにわかる仕組みのこと

色売れる色とは?前のページ

仕事などを先送りしてしまう人が陥る4つの心理パターン次のページ完璧主義

関連記事

  1. 広報・PR

    東北の秋PR動画が話題に

    秋もあとわずか。私は四季の中で秋が一番好きです。春も好きだけど…

  2. 広報・PR

    JA東京グループ「農業男子」がPR効果5億円超他1記事

    まず、最初の記事は、JA東京グループが、2020年に企画した「農業男子…

  3. 広報・PR

    三菱電機の看板ブランド「霧ヶ峰」の新たなブランド戦略

    「霧ヶ峰」と聞くと何を思い出しますか?40歳代以上の方は「エア…

  4. 広報・PR

    ひょうたんから駒のプロモーションとハッシュタグを使ったCSR活動

    こんにちは、アネティブログ編集部の加川です。今日は、「ひょうた…

  5. 広報・PR

    日本人が大好きな食べ物と話題の職業を掛け合わせた面白いPR事例

    日本人が大好きな食べ物と話題の職業掛け合わせた面白いPR事例をご紹介し…

  6. 広報・PR

    選挙に行くとお風呂Cafeの割引が受けられるキャンペーン他2記事

    2016年から、 選挙年齢が18歳に引き下げられました。これに…

最近の記事

  1. ペヤングソース焼きそば
  1. 広告

    改めて注目される口コミマーケティングとアンバサダーマーケティング
  2. ツール

    資金調達しながら新商品が売れるかどうかを判断しPRする方法とは?
  3. プレゼン

    プレゼンテーション資料を効率的に作成する方法
  4. ハロウィーン

    イベント

    「渋谷にこないで!」渋谷区長が呼びかけ。その真意は?
  5. プロモーション・キャンペーン

    出前館が行った大型PRキャンペーン
PAGE TOP