スイス

広報・PR

海外の自治体が行った面白いキャンペーン

海外の自治体が行った面白いキャンペーン事例を1つご紹介しましょう。

場所は、スイスの南東部のグラウビュンデン地方の「トシュリン」という小さな村です。

この村、「アルプスの少女ハイジ」の舞台にもなったそうです。

子供の時、夢中で見ましたよ、アルプスの少女ハイジ。

最近は家庭教師のトライのCMで有名ですね。

この村の全人口はなんとわずか「166人」とのこと。

静寂に包まれたこの村では、村の中心部にある公衆電話が鳴ると村全体に聞こえるのだそう。

グラウビュンデン観光局はこのことに注目し、キャンペーン展開を行いました。

そのPR名は

「The Village-Phone promotion(電話が鳴ったら猛ダッシュキャンペーン)」

ダッシュ

どのような内容かというととてもシンプル。

キャンペーンの参加者がやることは、単純です。

ただトシュリンの村の中心にある公衆電話に電話をかけること。

ただこれだけ。

もし、村の住民が誰も電話に出られなければ、参加者の勝ち。

この村に招待してもらえるか、特別なプレゼントが貰えます。

キャンペーンが行われる期間は6日間。

村の住人達は、電話の呼び鈴が聞こえると仕事を途中で投げ出して猛ダッシュで電話に向かいます。

住民が電話に出たら参加者の負けとなります。

残念ながらプレゼントは貰えませんが、住民と会話を楽しむことができます。

相手の顔は特設サイト上で見ることもでき、会話を通してトシュリンへ行ってみたいという気持ちを抱く人もいたそうです。

このキャンペーンは多くのメディアでパブリシティを獲得し、瞬く間に話題になりました。

キャンペーン期間の6日間で、3万件を超える電話、そして3,900件を超える会話が成立しました。

また特設サイトのPVは150万を超え、メディアを通し230万以上の人々との接触に成功したそうです。

なんともほっこりとするキャンペーンですよね。

スイスの田舎の村らしいというか。

人口の少ない日本の観光地でも応用が効きそうですね。

関連記事

  1. 広報・PR

    業界イメージを逆手に取った広報・PR事例

    自分の会社が属する業界が持っているイメージ、または持たれているイメージ…

  2. 地方自治体

    広報・PR

    思わず笑ってしまう地方自治体のPR動画

    以前、このブログで、大分県が作成した「温泉」のPR動画をご紹介しました…

  3. ヨーグルスタンド

    広報・PR

    Twitterとインスタントウィンの仕組みを使ったキャンペーン

    日本コカ・コーラは、本年の4月から5月まで、同社の新しいブランドである…

  4. 広報・PR

    PRの必須アイテムSNSをもう一度軽く復習してみましょう

    明日からお正月休みという方も多いでしょう。長い人では11連休と…

  5. ウィンターキャンペーン

    広報・PR

    気になったキャンペーン2選

    本日は、最近気になったキャンペーンを2つご紹介します。★コカ・コー…

  6. 広報・PR

    ひょうたんから駒のプロモーションとハッシュタグを使ったCSR活動

    こんにちは、アネティブログ編集部の加川です。今日は、「ひょうた…

最近の記事

  1. オンラインコンテンツ
  2. マイクロインフルエンサー600
  3. 目標設定の方法
  4. 鳴門の渦潮2
  1. news release

    広報・PR

    ニュースリリースで効果的なタイトルを書く方法
  2. 検索エンジン対策

    SEO

    検索エンジン最適化基本6項目
  3. ホームページ・ブログ

    Googleのモバイルファーストにより変化している検索結果
  4. 仕事術

    モチベーションをコントロールする方法
  5. 広報・PR

    2017年のクリスマスキャンペーン5社ご紹介
PAGE TOP