ユニーク・セリング・プロポジションを意識する

突然ですが、焼き鳥を食べに行ったとき、たまたま焼き鳥屋さんが2件並んで営業をしていたとします。

一方を「焼き鳥屋A」、もう一方を「焼き鳥屋B」とします。

2つの店舗は、

同じような店構え。

同じようなメニュー構成と価格。

さて、あなたはどちらのお店に入ますか?

決めるのが難しいですよね?

「食べログを見る」というのはここではなしとします(笑)

焼き鳥

しかし、焼き鳥屋Aの看板に次のような言葉が書いてあったらどうでしょうか?

「当店で使用する鶏肉は、抗生物質を一切使用しない醗酵飼料のみで育てられた鶏肉を使用しています」

「抗生物質を一切使用しない醗酵飼料」の意味は分からなくても
「なんかAの方がいいかも」と感じてAのお店に入る人の方が多いと思います。

このように独自の強みを打ち出すことを

「ユニーク・セリング・プロポジション」と言います。

ユニークセリングプロポジション

ユニーク・セリング・プロポジションが強く訴求できると商品・サービスの販売数は飛躍的に伸びます。

また、プレスリリースを打ったときにメディアに掲載される確率は高くなります。

この話をすると多くの方は

「そんなの当り前だろう」

と言います。

しかし、ユニーク・セリング・プロポジションを意識しながらビジネスを行っている企業は意外と少ないのが実情です。

あなたの会社はどうですか?

あなたの会社と同業他社の明確な違いをすぐに言えるでしょうか?

あなたの会社の商品・サービスと同業他社の商品・サービスの明確な違いをすぐに言えるでしょうか?

また、ユニーク・セリング・プロポジションはビジネスパーソンにも必要です。

ビジネスパーソンとしてのあなたにユニーク・セリング・プロポジションがない場合、あなたの代わりになる人はいくらでもいるということになってしまいます。

常日頃、ユニーク・セリング・プロポジションを意識した商品・サービス作りを意識することでその後の広報・PR業務はぐんと楽になります。

今後は「ユニーク・セリング・プロポジション」を是非意識してみてください。

コメントは受け付けていません。