優先順位

仕事術

日々行う行動の優先順位の決め方

今日は、「日々行う行動の優先順位の決め方」について書きます。

参考にしてみてください。

これからお話しすることは

世界で3000万部も売れた超ベストセラーである「7つの習慣」の著者である、「スティーブン・R・コビィー博士」(※以下コビィー博士と表記)が提唱する「緊急でないが重要な事こと」に使う時間を増やすことが「実り多い人生を作る」ということについてです。

よく次のようなことで悩んではいませんか?

「仕事もプライベートもやることがたくさんあって、どれから手を付ければいいものか・・・」

優先順位

私たちは、次から次へとこなしていかなくてはいけない「事柄」をスケジュール帳に書き込み、その全てを消化しようとします。

しかし、スケジュール重視であれば、大事な作業であっても「時間がきたらタイムアップ」となり、重要な事柄が適当に済まされてしまうことがあります。

また逆に、スケジュールに空白があるとその時間をだらだらと過ごしてしまい、時間を無駄にしてしまうことがあります。

そもそも「時間を管理する」「予定をスケジュールどおりに管理する」というのはできないものなのです。

大切なことは、「最優先事項を優先する」という行動の順序です。

そこで行動の順序を考えるには、人間の活動を重要度・緊急度で分類した4つの領域で整理するのがいいというのがコビィー博士の持論です。

その4つの領域というのは次のとおりです。

■ 第一領域
緊急で重要な事(減らす)
・締め切りのある仕事
・大事な人との急な約束
・病気や災害

■ 第二領域
緊急でないが重要な事(増やす)
・人間関係作り
・仕事や勉強の準備や計画
・健康維持や自己啓発

■ 第三領域
緊急だが重要ではないこと(減らす)
・日々の電話や会議、報告書
・重要ではないメールへの返信
・突然の来客対応

■ 第四領域
緊急でも重要でもないこと(減らす)
・待ち時間
・テレビを見たりやゲームをすること
・だらだらとスマホを見ること

忙しい人

ほとんどの人は「第一領域」「第三領域」に時間を使い、忙しい日々を送っているでしょう。

しかし、これでは人生を実り多いものにすることはできません。

よーく考えてみれば当然ですね。

コビィー博士は、実り多い人生を送りたいなら「第二領域」に集中することが重要だと説いています。

第二領域を増やすには、第三領域、第四領域を減らすことです。

緊急性が高い第三領域を減らすことはなかなか難しいですが、コツは自分の中の第二領域を、日々しっかりと意識して暮らすことです。

軸をブラさないという強い決心を常に意識するということです。

人生はあっという間に過ぎていきます。

「自分の人生は忙しいだけの人生だった」

「好きな事、考えていたことはあまりできなかった」

「このような人生で本当によかったのだろうか」

このような後悔をしないためには

「第二領域を意識した行動順序がどうしたらとれるのか」

このことを考えてみるのもいいと思います。

また、「7つの習慣」には、第二領域を増やすためのスケジュールの組み方も記載されているので、読んでみるのもいいですね。

ブックオフに行けば数百円で売っていますから。

繰り返しますが、「緊急でないが重要な事を増やす」というのは本当に大切ですよ!

人生や仕事で大きな成果を得ている人の多くは、このことを意識的にまたは無意識的に行っているのだと思います。

関連記事

  1. 成功

    仕事術

    成功する方法

    「知って得する確率の知識」という本の中に、確率論を交えながら成功するた…

  2. ハート

    仕事術

    一瞬で心をつかむ「タイトル&見出しのテクニック」

    広報・PR業務に携わる人は「人の心をつかむ文章が書ける」スキルがあると…

  3. 交渉

    仕事術

    交渉で承諾を導く方法

    ビジネスシーンにおいては、こちらの意図を悟られないままに、相手がこちら…

  4. ハーバード

    仕事術

    ハーバードビジネススクールのエリートたちが大切にしている10のこと

    先週、ジュンク堂書店に行く機会がありました。そこで感じたのです…

  5. 集中力

    仕事術

    集中力を高める5つの方法

    勉強でも仕事でも成果を上げる人は、高い集中力を持っています。逆…

  6. 思考

    仕事術

    思考の整理方法

    「やらなくてはいけないことが多すぎて、何から手を付けたらいいのかわから…

最近の記事

  1. スメルハラスメント
  2. キャッシュレス決済
  3. 駅ビル
  4. おにぎり
  1. 広報・PR

    ユニークな地方自治体のPR動画2選
  2. ハーバード

    仕事術

    ハーバードビジネススクールのエリートたちが大切にしている10のこと
  3. スメルハラスメント

    プロモーション・キャンペーン

    消臭ケア商品のプロモーション事例
  4. 広報・PR

    PRの必須アイテムSNSをもう一度軽く復習してみましょう
  5. 広報・PR

    日本人が大好きな食べ物と話題の職業を掛け合わせた面白いPR事例
PAGE TOP